Calendar

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
喜納昌吉 TALK&LIVEに篠原章がゲスト出演します 19:00
喜納昌吉 TALK&LIVEに篠原章がゲスト出演します @ THE ROOM
7月 17 @ 19:00 – 22:30
喜納昌吉 TALK&LIVE ~Four Colour Celebration~ http://www.theroom.jp/schedule/2018/07/_talklive_four_colour_celebration.php https://www.facebook.com/events/173993916787322/ 日時:2018年7月17日(火)18:30 OPEN / 19:00 START 会場:THE ROOM 東京都渋谷区桜丘町15-19第八東都ビルB1 http://www.theroom.jp/ チャージ:2000円+ドリンクオーダー 出演:喜納昌吉 石岡裕 篠原章(トークゲスト・「沖縄の不都合な真実」著者)
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
8月
28
北谷町議選挙 @ 北谷町
8月 28 – 9月 2 全日

北谷町議員選挙
8月28日告示
9月2日投開票

9月
2
【投開票日】本部町長選挙 @ 本部町
9月 2 全日

本部町長選挙

告示日 8月28日
投票日 9月2日
任期満了 9月20日

9月
6
【孔子廟違憲訴訟】控訴審第一回口頭弁論(福岡高裁那覇支部) @ 福岡高等裁判所那覇支部
9月 6 @ 10:00

「孔子廟違憲訴訟」の控訴審第一回口頭弁論が行われます。。

原告:金城テルさん
被告:那覇市
場所: 福岡高裁那覇支部

2016年11月の那覇地裁で「却下」、2017年6月の控訴審では「差し戻し」となった孔子廟の違憲訴訟は2018年2月5日に結審しました。2018年4月13日に那覇地裁で出た差し戻し審の判決では、市側の違憲が認められ、原告金城テルさん側の全面勝訴となりました。

その判決を受けて、城間市長(那覇市)は控訴し、今回9月3日が控訴審の第一回口頭弁論となります。

 

関連記事

【再掲・龍柱関連】決定版:那覇・孔子廟移設問題
http://hi-hyou.com/archives/898

もうひとつの移設問題:那覇・孔子廟移転の謎(改訂版)
http://hi-hyou.com/archives/861

9月
9
【統一地方選挙・投開票】市町村議会議員選挙 @ 沖縄県内27市町村
9月 9 全日

【9月9日に投開票が行われる選挙】
(市議選は9月2日告示、町村議選は9月4日告示)

 

9月4日告示 9月9日投開票
伊是名村長選挙
大宜味村長選挙

9月2日告示 9月9日投開票
宜野湾市議会議員選挙
石垣市議会議員
名護市議会議員
沖縄市議会議員
南城市議会議員

9月4日告示 9月9日投開票
北大東村議会議員選挙
国頭村議会議員
大宜味村議会議員
恩納村議会議員
読谷村議会議員
北中城村議会議員
西原町議会議員
南風原町議会議員
粟国村議会議員
渡名喜村議会議員
伊是名村議会議員
八重瀬町議会議員
竹富町議会議員

 

【投開票日調整中の選挙】

東村議会議員
今帰仁村議会議員
宜野座村議会議員
伊江村議会議員
中城村議会議員
渡嘉敷村議会議員
座間味村議会議員
伊平屋村議会議員
与那国町議会議員

 

 

9月
23
うるま市議会議員選挙 @ うるま市
9月 23 – 9月 30 全日

うるま市議会議員選挙

9月23日 告示
9月30日 投開票
10月19日 任期満了

10月
7
豊見城市長選挙 @ 豊見城市
10月 7 – 10月 14 全日

豊見城市長選挙

10月7日 告示
10月14日 選挙投開票
11月7日 任期満了

 

*豊見城市議会議員は、2019年2月22日任期満了

10月
14
那覇市長選挙 @ 那覇市
10月 14 – 10月 21 全日

那覇市長選挙

10月14日 告示
10月21日 選挙投開票
11月15日 任期満了

11月
1
沖縄県知事選挙(県議補欠選挙) @ 沖縄県全域
11月 1 – 11月 18 全日

沖縄県知事選挙

11月1日 公示
11月18日 投開票
12月9日 任期満了

 

沖縄県議会議員選挙(補欠選挙)

11月9日 告示
11月18日 投開票

11月
9
「翁長知事国連演説訴訟」判決 @ 那覇地方裁判所
11月 9 @ 13:10

2018年7月20日に結審した「翁長知事国連演説訴訟」の判決の日です。

翁長雄志沖縄県知事が2015年9月、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格がない「県知事」の立場で演説を行ったことを公務としたのは「不当利得」だとして、翁長雄志沖縄県知事に公費から支出した渡航・宿泊費、日当などを返還請求するよう県に求める訴訟の判決です。