2005/09/05

ハイドパークミュージックフェスティバル

3〜4日の二日間、狭山のハイドパークこと稲荷山公園で行われた「ハイドパークミュージックフェスティバル」を見てきました。細野晴臣『HOSONO HOUSE』(73 続きを読む

2003/09/07

南島慕情 奄美篇(4)

記憶の片隅にあった昔日の良きハワイが奄美で甦っている。エメラルド・グリーンの水を湛えたビーチから子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてきた。ー2003年奄美大島の旅行 続きを読む

2003/09/07

南島慕情 奄美篇(3)

元ちとせの生まれた嘉徳という集落に行ってみたいと願っていた。古仁屋からなら国道58号線を名瀬方向に10キロほどもどって、網野子峠あたりから、太平洋に向かって脇道 続きを読む

2003/09/07

南島慕情 奄美篇(2)

荷を解いて、すっかり陽が落ちてからひとり散歩に出る。 まずはこの街の地理を把握しなければ。主要な“繁華街巡り”は徒歩でもあっという間である。ー2003年の奄美大 続きを読む

2003/09/07

南島慕情 奄美篇(1)

屋久島から奄美大島へ。「きのうは東シナ海から太平洋まで歩いてみましたよ」なんて呟きながらまずは鶏飯を食す。2003年の旅行記です。 続きを読む

2003/09/04

南島慕情 屋久島篇(2)

「そうか、巨大な盆栽なんだ」 -2003年の屋久島旅行記です。 続きを読む

2003/09/04

南島慕情 屋久島篇(1)

そもそも縄文杉などハイキング気分でオーケーと聴いていたのである。往復8時間という話だったが -2003年の屋久島旅行記です。 続きを読む

2003/08/01

花街慕情 尼崎(かんなみ新地)篇

8月上旬。久々に神戸にやってきた。夕方、ホテルで荷を解き、しばし休息の後、三の宮、元町界隈を食事がてら散策する。夜も10時半を回ってホテルに戻ろうと思ったが、目 続きを読む

2002/03/25

大滝詠一論~プロの作詞家・松本隆を起用したプロデューサーとしてのクールな視点

『レコード・コレクターズ』2001年4月号所収。 WEB版につき雑誌収録のテキストとは若干異なります。無断転載はご遠慮ください。 むろん仮定の話だが、大滝詠一の 続きを読む

2001/09/16

国家論メモ〜夏目さんへのメールから

東京へもどる。世界は悲しみにくれている。家人も悲しみに満ちていた。 深夜、夏目房之介さんにメールを書いた。 21世紀に近代国家は無形化するとぼくは考えてますが、 続きを読む
1 32 33 34 35 36 37 38 39