2013/12/07

「特定秘密保護法」は「悪魔の法」なのか 〜マスコミ報道への疑問〜

特定の公務員の権限増大・強化につながる法律であるという本質に変わりはない。ぼくがこの法律をネガティブに評価するもう一つの理由はこの点である。形式的には「情報保全 続きを読む

2013/12/04

佐藤優の沖縄論再批判(デモ版)

「ハフィントン・ポスト」(日本版)に掲載された「沖縄は本気で抵抗している」という佐藤優さんの記事がやたらと気になった。いつものように引用も多く、しつこいほど長い 続きを読む

2013/11/29

検察は甘くない〜猪瀬知事へのアドバイス

猪瀬直樹東京知事の「5000万円」問題が、どんどん膨らんでいる。ぼく自身は「5000万円」が倫理的にどうのこうのという議論にはあまり関心がない。たしかに驚きはし 続きを読む

2013/11/21

勝者のいない「歴史認識」の衝突

ぼくは、朝鮮人慰安婦問題について日本政府の責任を問う論調や安重根を義士と見る見解の大部分が、日本から発信されたものだという事実を追及する気にはな れない。 続きを読む

2013/11/08

「メニュー偽装」は誰の罪なのか

世の中はニセモノだらけである。ニセモノの数とホンモノの数を比べれば、おそらくニセモノの数のほうがホンモノの数を上回るはずである。ニセモノの存在が、なんらかの法律 続きを読む

2013/11/03

「手紙の手渡し」には呆れるが、「山本叩き」も度を超えている

篠原は山本太郎参院議員の支援者でも味方でもなく、むしろ彼の主張に批判的な考え方を持っていますが、山本議員が天皇に手紙を渡した行為については、「非常識」だというこ 続きを読む

2013/10/30

「秘密保護法」は政治家と官僚とジャーナリストをスポイルする

「秘密保護法案」の閣議決定(10月25日)を受けて、メディアやネットでの議論が活発になっている。「報道の自由」とか「知る権利」とか、どちらかといえば抽象的な論点 続きを読む

2013/10/10

CINEMA REVIEW:ベニシアさんの四季の庭

映画『ベニシアさんの四季の庭』を観た。正直にいうと、あまり期待していなかった。ベニシアさんの蘊蓄を聞かされるのは辛いな、と思っていた。ところが予想に反して、 続きを読む

2013/10/08

LIVE REVIEW: 流線形と比屋定篤子@目黒パーシモン・ホール on 28 Sep.2013

比屋定篤子さんに初めて会ったのは2001年頃のこと。彼女の夫となる奈須重樹さんから「彼女」として紹介されたのがお付き合いのきっかけだと思う。奈須さんは、ぼくが『 続きを読む

2013/09/24

REVIEW: Yukihiro Takahashi with In Phase Live Tour レヴュー:高橋幸宏ライヴ2013

幸宏さんのことを考えると、いつも1979年春のアルファスタジオが想いだされる。たんなるノスタルジーというより、YMOの音楽が生みだされる現場に居合わせたあの若か 続きを読む
1 49 50 51 52 53 54 55 56 57 69