本と映画と音楽の記事一覧

2022/07/02

月刊「正論」8月号:今月の「ますらおの歌」は「敵は幾万」

今月の月刊『正論』の連載「ますらおの歌(13)」では、「敵は幾万」を取り上げました。「敵は幾万」の「敵」は、当時東アジアにおける覇権を確立しようとしていた清朝中 続きを読む

2022/06/24

書評:野嶋剛『新中国論 台湾・香港と習近平体制』(平凡社新書)

評者が野嶋剛という朝日新聞記者(当時)に最初に注目したのは、野嶋にとって処女作となった2003年の『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)に出会ってからだ。 野嶋の姿 続きを読む

2022/06/20

ドラマ・レヴュー:『ふたりのウルトラマン』(中江裕司/脚本・演出)

NHK『ふたりのウルトラマン』(中江裕司演出・脚本)を3度目のオンエアにして初めて見ることができた。 円谷特技プロダクションで、『ウルトラマン』の脚本を担当した 続きを読む

2022/05/03

「ステージでの泥酔」はなぜ認められないか—高田渡を通じて考える和田唱の問題提起

和田唱の勇気ある問題提起 TRICERATOPSの和田唱が、フェスの共演者が泥酔状態でステージに登場したこと、そしてそのことを許すようなロック界の風潮を批判する 続きを読む

2022/04/30

追悼・小坂忠

小坂忠さんが亡くなった。73歳だった。ショックだし、心残りも多い。 ぼくは忠さんをたんなるミュージシャンとは思っていなかった。気恥ずかしいのでご本人に伝えたこと 続きを読む

2022/03/01

ますらおの歌(9)(『正論』2022年4月号所収)

今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が好調ですね。ぼくも毎週楽しみに見ています。鎌倉繋がりで、というわけでもないのですが、月刊『正論』連載の「ますらおの歌」第9回 続きを読む

2021/11/13

『風街オデッセイ 2021』レビュー Vol. 4(全4回)最終回

生涯ポーカリスト・小坂忠 さて、今夜もまたボーカリストとは何か、歌とは何かをずいぶん考えさせられる一夜だった。 病を経て復帰した小坂忠が「しらけちまうぜ」「流星 続きを読む

2021/11/12

『風街オデッセイ 2021』レビュー Vol. 3(全4回)

佐野元春の“欠席” 昨日(11月5日)の公演のレビューには書かなかったが、「風街オデッセイ」の初日は、「鈴木茂+林立夫」のユニットから始まった。鈴木茂『バンド・ 続きを読む

2021/11/11

『風街オデッセイ 2021』レビュー Vol. 2(全4回)

風街ばんどと大瀧詠一 鈴木茂+林立夫(SKYEマイナス2)、はっぴいえんど(サポート:鈴木慶一、井上鑑、吉川忠英、曽我部恵一。曽我部は単独で「夏色の想い出」も歌 続きを読む

2021/11/10

『風街オデッセイ 2021』レビュー Vol. 1(全4回)

2021年11月5日、6日の2日間にわたって日本武道館で開催された『松本隆作詞家生活50周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街オデッセイ』についてのレビューを 続きを読む
1 2 3 4 5 9