Columnの記事一覧

2018/04/17

那覇市全面敗訴となった孔子廟差し戻し審の意義—地縁血縁社会・沖縄に打ち込まれた楔

1.差し戻し審判決 批評ドットコムの2013年5月11日付記事「もうひとつの移設問題:那覇・孔子廟移転の謎」がきっかけとなって、那覇市民の金城テル氏が那覇市長・ 続きを読む

2018/04/02

政府は慰安婦「河野談話」を撤回したのか?—杉田水脈代議士の3月28日の質疑をめぐって

  2018年3月28日の衆院外務委員会において、杉田水脈代議士が外務省の鯰(なまず)博行アジア大洋州局参事官に、慰安婦問題に対する外務省の対応を糺し 続きを読む

2018/04/01

安倍内閣の支持率急落と「受け皿論」

安倍内閣の支持率が40%を切った。不支持率が支持率を10ポイント以上上回る状態で、日テレ調査に至っては不支持率が50%を超えている。個人的には支持率・不支持率に 続きを読む

2018/03/28

私たちは蛙のオツムに勝ることができるのかー不毛な証人喚問と木下順二「蛙昇天」

国会での証人喚問を、我が人生のなかで何度見せつけられてきたでしょうか。   自分自身の体験でいえば、ロッキード事件から始まり、ダグラス・グラマン事件、 続きを読む

2018/03/12

「刷新」の姿勢が求められる「森友書き換え問題」の決着

よほど奇っ怪な政治的な「事件」が起こっても、私自身はあまり動揺しない質だが、今回の財務省財務局による文書書き換え問題には強い衝撃を受けた。「決済済み文書の書き換 続きを読む

2018/03/09

ようやく公開される台湾映画『軍中楽園』(2014年)— 従軍慰安婦をめぐる柔らかい視点

台湾の西約260キロ、中国本土(中華人民共和国)の廈門(アモイ)から東に5キロ、いちばん近接した中国領からならわずか2.1キロの位置に、台湾が実効支配する金門島 続きを読む

2018/02/05

賞味期限切れとなった「辺野古反対」— 2018年名護市長選の分析

 名護市長選(2018年2月4日投票) 開票終了  とぐち武豊 候補 20,389  稲嶺  進 候補 16,931    投票者数 37, 続きを読む

2018/01/22

止まらない安倍政権の「左傾化」ーー日本の野党に未来はあるのか?

首都を混乱させる大雪のなか、「第196回国会」が始まりました。明治150年を迎えるに相応しく、安倍晋三首相の施政方針演説は、これまで以上に「左翼色」が濃いもので 続きを読む

2018/01/20

遠藤賢司『不滅の純音楽家』が発売されました

昨年10月25日に亡くなられた遠藤賢司さんを偲んだ追悼本『遠藤賢司 不滅の純音楽家』(ミュージック・マガジン増刊)が1月19日に発売された。本書には、鈴木茂、松 続きを読む

2018/01/09

戸川純とフィル・スペクター、あるいは木之内みどりとフランソワーズ・アルディ

戸川純「さよならをおしえて」(1985)の歌詞は、「そのシュールな世界観からしてサエキけんぞうでしょ?」という質問があり、「んなバカな。戸川純でしょ」と返したの 続きを読む
1 2 3 4 5 34