首里城の記事一覧

2021/05/08

SAKISIRU(サキシル)に寄稿しました —首里城は今も燃えている

ニュースサイトSAKISIRU(サキシル)に、首里城問題について寄稿しました。 SAKISIRUは、新田哲史編集長による今春創刊の新しいメディアです。 責任の所 続きを読む

2021/02/25

那覇に孔子廟は二つある—歴史に無知な沖縄メディアを嗤う

取材しないメディア 今回の孔子廟違憲判決を受けて書かれた沖縄の新聞の記事を読むと「最高裁が久米孔子廟という歴史文化遺産を認定しなかったとはとんでもない」という強 続きを読む

2021/02/25

孔子廟違憲訴訟は那覇市の全面敗訴—忖度行政のツケは誰が払うのか

孔子廟違憲裁判は那覇市の全面敗訴 2月24日、最高裁大法廷は、公有地(国から譲渡された私有地と国有地が混在)を久米崇聖会に無償で貸し付けた那覇市の行政行為を、政 続きを読む

2021/02/06

孔子廟違憲訴訟が結審—最高裁大法廷の判決は2月24日

孔子廟違憲訴訟のあらまし 本欄で何度も取り上げてきた孔子廟違憲訴訟の上告審(最高裁大法廷)が1月20日に結審した。最高裁から原告側に伝えられた判決期日は2月24 続きを読む

2020/11/01

「首里城正殿は沖縄のアイデンティティ」に感ずる違和感

小中学校時代は山梨県甲府市で過ごした。甲府は城下町だが城は二つある。武田信玄が居を構えた躑躅(つつじ)が﨑の館と徳川幕府が築いた甲府城(舞鶴城)である。 「人は 続きを読む

2020/08/02

那覇孔子廟 違憲訴訟をめぐる新展開—最高裁小法廷から大法廷へ

最高裁大法廷に回付 那覇市と久米人(くにんだ/琉球王朝時代に渡来した中国人)を祖に持つ人びとの血縁組織である一般社団法人久米崇聖(くめそうせい)会を被告とする孔 続きを読む

2020/04/02

JFSS季報に『首里城焼失の背景にある沖縄の「危うさ」』を寄稿しました

篠原が政策提言委員を務める「一般社団法人日本戦略研究フォーラム」(JFSS)の季報NO.84(2020年4月)に『首里城焼失の背景にある沖縄の「危うさ」』を寄稿 続きを読む

2020/02/10

首里城ノート(2) 首里城はいったい誰のものか?(下)

【承前】 琉球大学から政府に移転した所有権 昭和の大修復の落成式の行われた1935年から満十年も経たないうちに、首里城は正殿だけでなく何もかも沖縄戦で失った。焼 続きを読む

2020/02/08

首里城ノート(2) 首里城はいったい誰のものか?(中)

【承前】 鎌倉芳太郎、伊東忠太による正殿解体阻止 管理維持の財源を捻出できない首里市(1921年より市制施行)は1923(大正12)年に「正殿の解体」を決定した 続きを読む

2020/02/08

首里城ノート(2) 首里城はいったい誰のものか?(上)

焼失した首里城については「再建」が半ば既定路線となり、政府主導で進められつつあるが、再建を軌道に乗せる前に考えておくべき「懸案事項」は少なくない。批評ドットコム 続きを読む
1 2 3