紀行と随筆の記事一覧

2013/12/15

荒木町のラーメン屋の大将と領土問題を考えた

四谷・荒木町はラーメン激戦区だ。 有名店がひしめくなかで、いかにも「無名です」といった佇まいの地味な店がある。狭いカウンターに用意された椅子は7つか8つ。調理場 続きを読む

2013/11/08

「メニュー偽装」は誰の罪なのか

世の中はニセモノだらけである。ニセモノの数とホンモノの数を比べれば、おそらくニセモノの数のほうがホンモノの数を上回るはずである。ニセモノの存在が、なんらかの法律 続きを読む

2013/08/16

8月15日〜わが家のミステリー

父方の伯父は硫黄島で戦死しているが、なぜか靖国には祀られていない。なぜ祀られていないのか、祖父母も父も亡くなった今、そのわけを知る人はいない。伯父の場合、遺骨も 続きを読む

2013/06/15

世の中知らないことだらけだ…

夏目房之介さんが、『芸術新潮6月号』と「東京新聞」6月13 日付け文化面に「漱石の絵はあまり上手くなかった」というような記事を寄稿していて、読んでいるうちに急に 続きを読む

2013/06/10

なにが「DJポリス」だよ!〜ジャーナリズムの没落

こんなことあんまりいいたかないが、「DJポリス」とかいって警察のソフト警備を褒めそやすだけのジャーナリズムはどうかしていると思う。ふざけてんなと思う 続きを読む

2013/05/14

橋下大阪市長の目配り〜現代遊廓異聞

橋下さんの今回の発言はともかく、あの人の偉いところは、大阪の飛田や松島などの「遊廓」(裏風俗)にまったく手をつけていないことだ。手をつけていないとは潰していない 続きを読む

2013/04/23

沖縄だけは特別扱いしてほしいのだ!

沖縄のある有名ミュージシャンが、半ば引退して生活保護を受けているらしい、という話を聞いた。ぼくのもっとも敬愛するミュージシャンの一人だ 続きを読む

2013/04/21

再びヤンバルクイナに出遭う

別に自慢するほどのことじゃないんですが、2011年の4月16日にヤンバルクイナの撮影に成功(ヤンバルクイナと出逢う)して以来、なんだかヤンバルクイナのお友だちに 続きを読む

2013/04/06

「敵」はいったい誰なのか? 〜アントニオ・ネグリの「マルチチュード」〜

「マルチチュードとは、マルクスの階級論を乗り越えるための概念でしょうか」という質問を提出しました。 続きを読む

2013/04/02

正統的な不条理劇だったNHK連ドラ『純と愛』

定時に出勤する、といった習慣が失われて2年ほど経った。そのかわり、NHK朝の連ドラを見るという、ぼくの人生にこれまでなかった新しい習慣が生まれた。『カーネーショ 続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 9